結婚式二次会のタイムスケジュール

結婚式の二次会の会場を選定し、おおよその出し物が決定したら、二次会のプログラムとタイムスケジュールを決めていきます。二次会の所要時間は、会場のプランや形式によっても異なりますが、2時間(準備と入退場を入れて3時間)程度が一般的です。
当日の流れをシミュレーションして、出来るだけ細かくスケジュール割をしておくと安心です。ここでは、実際に結婚式の二次会を取り行ったカップルの実績を参考に、二次会のタイムスケジュール例を示しますので参考にしてみてください。

幹事会場入り/準備

所要時間[30分]

幹事や受付係を依頼された方は、開場の30分前には会場入りをしたいところです。受付や当日に使用する備品の準備、タイムスケジュールや役割分担の確認を済ませ、時間にゆとりをもってゲストを迎えられるようにしましょう。

新婦は準備に比較的時間がかかりますが、新郎は早めに支度が終わることも多いので、可能であればホスト側で集まってプログラムの最終確認をします。

開場/受付

所要時間[30分]

開場の時間になったら、ゲストを受付に誘導して、名簿への記帳・会費の徴収・手荷物の預かりなどをします。受付係の中でも、事前に役割分担をしておけば、ゲストをなるべく待たせることなくスムーズに進行できます。

最も大事なのは、受け取った会費をよく確認し、受領済の方を名簿にチェックして、お金を収納ボックスなどでしっかりと管理することです。紛失しないように、受付係が責任をもって、閉宴まで肌身離さず保管しましょう。

新郎新婦の入場(開宴)

所要時間[5分]

開宴の時間になったら、幹事(司会)がゲストにアナウンスし、会場の担当者やアシスタント係と連携して、新郎新婦を迎え入れます。

音楽や照明のセッティングはもちろん、クラッカーなどで入場を演出する場合には、あらかじめ担当の人にタイミングを伝えておきます。

ウェルカムスピーチ/乾杯

所要時間[10分]

新郎新婦が高砂などの所定の位置に着き、会場の雰囲気が落ち着いたら、司会が自己紹介をして開宴の挨拶をします。媒酌人もしくは司会が、結婚式が無事に終了したことを報告し、新郎新婦の経歴や馴れ初めを簡単に紹介します。

この際に、新郎や新婦が自らスピーチをするケースも多いので、ウェルカムスピーチや乾杯の音頭は、新郎新婦の希望を事前に確認しておきましょう。また、シャンパンタワーで演出する場合には、シャンパンを注いでゲストに行き渡るまで5~10分かかるため、しっかりと追加の時間を見積もっておきます。

歓談①

所要時間[15分]

乾杯が終了したら、司会が談話などを交えつつ、一旦の歓談を促します。ここで、間髪を入れずにウェディングケーキの入刀やファーストバイトをするケースもあり、その場合はケーキのイベントが終了した後に歓談とします。

歓談になると、新郎新婦の友人らが写真撮影に集まってきますので、司会やアシスタントが率先して撮影係になると喜ばれます。

ゲストによる余興(ムービー上映・歌/ダンス披露)

所要時間[30分]

写真撮影がひと段落したタイミングで、二次会の余興を始めていきます。余興を行うにあたって場所が必要な場合は、司会がゲストに対して、スペースを空けてもらうようにアナウンスします。

余興は、新郎新婦やゲストが作成したムービーを流したり、歌やダンスに自信のあるゲストがいれば、事前に打診してお願いしておくと、新郎新婦やゲストにとっても思い出に残る二次会となります。

歓談②

所要時間[10分]

余興などのエンターテインメントが終了したら、メリハリをつけるために再度歓談の時間を設けます。ゲストも少しお酒が入ってきているので、アドリブで友人スピーチなどを依頼するケースもあるようです。

また、ゲストにとっては、食事やドリンクを取る絶好の機会になるため、遠慮して取れずにいるゲストのために司会が促してあげると、二次会の場が一層和やかになります。

全員参加型ゲーム(ビンゴ・クイズ・じゃんけん大会)

所要時間[30分]

歓談で少し手持ち無沙汰な人が出てきたら、いよいよ二次会のメインイベントである全員参加型のゲームに入っていきます。一般的には、ビンゴゲームが多いようですが、新郎新婦にまつわるクイズだったり、じゃんけん大会などもよく見受けられます。

ゲームの実施時間だけでなく、景品の授与、当選者の一言コメントなど、結婚式の二次会のプログラムの中で最も時間が必要になるため、前半で時間を使いすぎないようにしっかりとタイムキーピングしましょう。

歓談③

所要時間[10分]

ゲームが終了したら、会場の盛り上がりの余韻を消すことなく、自然な歓談を促します。タイムスケジュールが押している場合には、この歓談時を省略・短縮して調整しましょう。

この歓談の時間で、特別賞を賭けたじゃんけん大会をしたり、景品の交換会(当選者同士でのトレード)をしても、ゲスト同士のコミュニケーションが活発となり、二次会がより盛り上がります。

謝辞(締めの挨拶)

所要時間[10分]

最後に、締めの言葉として新郎もしくは新婦から、ゲストに対して謝辞を述べたり、三次会などへの呼びかけをします。ゲスト全員に対してアナウンスする最後の機会となるため、来ていただいた感謝や、幹事へのねぎらいをすると、今後の人間関係も円滑となるハズです。

新郎新婦の退場(閉宴)

所要時間[10分]

会場の閉会時間が迫ってきたら、司会がアナウンスをして、新郎新婦の退場を促します。ゲストが花道やアーチをつくって新郎新婦を誘導すると、会場の一体感とともに、二次会の閉宴を楽しく盛り上げることができます。

ゲストのお見送り

所要時間[20分]

新郎新婦が退場して、数分が経ったところで、ゲストの退場も促します。新郎新婦が退場口にて各ゲストをお見送りする場合には、その旨をアナウンスして、順番に退場してもらいます。お見送りでは、新郎新婦が各ゲストにプチギフトを渡したり、簡単な挨拶をしたりするので、20~30分は見積もっておきましょう。