結婚式二次会の出席マナー

結婚式の二次会に招待されたら、当日の服装や会費の渡し方など、これまでに何度も参加経験のある人も「あれ?いつもどうしてたっけ?」と不安になることもありますよね。
そんな方のために、ここでは結婚式二次会の参加経験が豊富な人の意見を参考に、あくまでも一般論として出席マナーをご紹介します。

会費の受渡しマナー

ご祝儀袋には入れなくてもOK

結婚式の二次会は、披露宴でのご祝儀制とは違い、会費制が一般的なようです。会費制の場合、会場に対して当日中に支払いをすることもあるため、各ゲストは受付時に会費をご祝儀袋や封筒に入れず、現金を直接渡す方が、受付係の手間が省かれます。また、会場側でお釣りの用意が少ない場合も多いので、会費ちょうどの現金を、事前に用意するのがマナーと言われています。

二次会の服装(女性)

派手すぎず地味すぎずシックに

女性ゲストは、晴れの日に着飾った新婦よりも、目立つような服装は控えることがマナーと言われています。一般的には、胸元や背中などが過度に露出されたドレス、新婦と類同する可能性のある白いドレス、ヒョウ柄やファーなど動物の殺生を連想させる服装は、NGと思う方が多いようです。

また、全身がブラックだと喪服のように見えてしまうため、黒ベースのドレスには白など差し色を付けくわえると良いでしょう。アクセサリーも、ゴールドなどの派手なものよりも、パールなどの控えめな装飾が印象良く見られるようです。

二次会の服装(男性)

ピシッとパリッとスーツで

男性ゲストは、スーツが基本となりますが、真っ黒なスーツとネクタイの組合せは、喪服を連想させてしまうため避けましょう。派手すぎない淡い色のスーツが一般的とされ、ネクタイはしてもしなくてもどちらでも良いようです。

男性は特に、普段から仕事でスーツを着慣れている方も多いですが、シワシワなスーツはだらしない印象を与えますので、クリーニングに出したりしてシワをのばしておきましょう。また、スーツに合わせて革靴もキレイに磨いておき、スニーカーなどのカジュアルすぎる靴も出来るだけ避けましょう。

結婚祝いを渡す場合

自宅への郵送がベスト

友人らと結婚式の二次会のみ参加する場合、お金を出し合って結婚祝いを渡すケースも多いようです。ただし、二次会の場で直接手渡すと、新郎新婦の荷物になってしまったり、三次会への移動も大変になってしまうため、式の前後1週間程度に、新郎新婦の自宅に郵送すると喜ばれるようです。

結婚祝いの品は、新郎新婦のお祝い返しも考慮して、あまり高価なものにはせず、また、既に持っているようなものにならないよう、ある程度リクエストを聞いておくと良いでしょう。一般的には、新郎新婦の新生活のスタートにふさわしいような、家電やキッチンツールを贈るケースが多いようです。

写真撮影や歓談時のマナー

周りのゲストにも配慮を

結婚式の二次会では、ほとんどのケースで途中に歓談の時間が設けられています。二次会は所要時間が2~3時間程度と短い傾向にありますが、ゲスト人数は多いため、この歓談の時間が写真撮影ラッシュになることも少なくありません。自分達が新郎新婦と撮影している間、他のゲストグループが順番待ちをしていることもあるため、あまりに長い時間の撮影や、新郎新婦との世間話は出来るだけ慎みましょう。

また、歓談の時間を使って、ビデオ上映や友人スピーチを行なう場合、ゲスト同士の会話のボリュームが大きすぎると、他のゲストの迷惑となるため、節度をもった振る舞いがマナーとなります。

退場時のマナー

もっと話したい気持ちを抑えて

二次会でのプログラムも終了し、新郎新婦が退場する際も、仲が良いほど大人の対応を心がけましょう。新郎新婦への過度な接触は避け、心を込めてお祝いの言葉をかけてあげると喜ばれます。

また、ゲストの退場時に、退場口で新郎新婦がお見送りをしてくれるケースが多いようですが、写真撮影時と同様に他のゲストが順番を待っているため、簡単な挨拶やお祝いの言葉にして、長くなる話は後日にしましょう。三次会に参加する場合は、会場出口の混雑を避けるため、会の途中に場所や時間を確認するか、幹事と連絡先を交換しておきましょう。