二次会景品の予算配分の目安

結婚式の二次会で目玉となる景品を選ぶときは、予算の配分が会の盛り上がりや、ゲストの満足感を大きく左右します。上位景品に予算を使いすぎて下位景品が見劣りしたり、全体的に同じような価格帯になって盛り上がりに欠けたりしないよう、あらかじめ大まかに、景品の予算配分を決めておくと安心です。
ここでは、予算配分の組み立て方から一般論、実際の例を紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

会費の設定

収入と支出のバランスを考えた計画を

気婚式の二次会の景品を決める上で、最も重要なのが会費(予算)の決定です。一般的には、飲食代に2,000~3,000円を上乗せして会費を設定しますが、上乗せした金額を景品以外の備品に充てたり、新郎新婦の持ち出しを多くしてゲストの負担を減らしたり、会によって様々となります。

男女で会費に差をつけることも多く、特に女性はヘアーメイクや着付けなどの費用負担が大きいので、女性の会費を少なく設定するケースが多い傾向にあります。

会費の相場は、男性が8,000円、女性が6,000円といわれており、男性30名・女性30名の規模ですと、予算の合計は42万円になります。会場代および飲食代の相場は、1人あたり5,000円程度といわれていますので、その場合、差し引き12万円が景品を含む備品に充てられる計算となります。また、景品以外にも、ケーキやシャンパンタワー、クラッカーや文房具などの備品を購入するために、2万円~5万円程度を別途考慮しておくことが必要です。

収入
男性30名 × 8,000円
= 24万円
女性30名 × 6,000円
= 18万円
+42万円
支出
会場代+飲食代 5,000円/人 × 60名
= 30万円
備品代(景品を除く)
= 2~5万円
-32~35万円
景品代
= 10~7万円

上記は一般的な例ですが、二次会を運営するための支出となる会場費(場代+飲食代)を決定することが先決です。これに、ケーキやシャンパンタワーなどの備品がいくらかかるかを算出し、足し合わせることで最低限の必要経費が出ます。景品代は、ゲストの人数や景品点数にもよりますが、検討の初期段階には相場といわれる10万円と仮定しておくと良いでしょう。

景品の予算配分

盛上がりを意識して目玉は豪華に

景品に充てることのできる予算が決まったら、具体的な景品の内容を考えていきます。

まずは、ゲスト全員に景品が行き渡るようにするのか、景品の個数を決めて抽選にするのかを決めます。全員分の景品を用意する場合、抽選発表に時間がかかりすぎてしまうことと、下位景品にも予算がかかって上位景品に金額を割けないため、景品の個数を人数よりも少なくするケースが一般的です。

景品が当たらなかった人のために、100円~300円程度の参加賞やプチギフトを用意することもありますが、貰っても嬉しくないようなどこにでもあるお菓子などは避けた方が良いかもしれません。

抽選にビンゴゲームなどを利用する場合、徐々に同時当選の人数が増えていきますので、下位景品を多くするか、その都度ジャンケンなどで再抽選することになります。二次会に参加するゲストの人数にもよりますが、一般的には景品を8~12個くらいにして、各景品の金額に差をつけることが多いといわれています。

また、二次会の盛り上がりを大きく左右するのは、定価1万円以上の目玉景品であり、景品予算の半分以上(60~75%)をかけて、2~3個程度の目玉を用意すると良いでしょう。ゲストの人数の5%、つまり40人なら2個、60人なら3個程度の目玉景品があると、不公平感も少なく、妥当といえるかもしれません。

実際の配分例

二次会の幹事を経験した実例

これまでに、二次会景品の予算配分の目安を述べてきましたが、実際にみんなはどうしているのか気になるところ。ここでは、二次会の幹事を経験して、景品に予算を配分した実例を紹介します。

ゲストの会費から、場代・飲食代・雑費を差し引いた金額が8万5千円だった場合、60人規模であれば景品の点数は10個(1~10等)、そのうち目玉(1万円以上)となる景品は3個として考えました。キリ良く、1等を3万円、2等を2万円、3等を1万円として、以下のように割り振りました。

1等
3万円
体験ギフト
2等
2万円
電化製品
3等
1万円
食品/商品券
4等
7千円
雑貨
5等
5千円
雑貨
6~10等
各2千円
雑貨
合計8.3万円

予算(ここでは8万5千円)に対する、各賞の価格比率を算出すると、景品10個の場合、1等が35%、2等が25%、3等が15%、4等が10%、5等が5%、6~10等が各2%ずつ程度となるように設定するのが妥当かもしれません。

景品をもっと豪華にしたかったり、景品数を増やしたい場合は、会費を上げる、飲食代を下げる、新郎新婦の持ち出しを増やすなどして、細かい調整を行う必要があります。また、ゲストの持ち帰りの負担を考慮して、持ち運びが簡単な金券やギフトカタログ、軽量で小さいモノなどが好まれる傾向にあります。